九尾

Counter: 831, today: 1, yesterday: 0

基本情報

陣営妖精陣営
占霊判定人間
カウントなし
オーラあり
思い込みなし
 

秘密会話

人狼の囁き共鳴者の共鳴念波星の念波妖狐の木霊宝玉の神通教会の月読機関の徒花龍人の彩雲叢魔の影戯恋人の恋囁き闘者の魂信死者の呻き裏方
覗き見可覗き見可覗き見可覗き見可不可覗き見可覗き見可覗き見可覗き見可不可不可覗き見可不可
 

役職説明

あなたは九尾です。
人狼の囁き、民の念話、共鳴者の共鳴、響狐の木霊、教会の月読、機関の徒花、龍人の彩雲、叢魔の影戯、死者の呻きを聞くことができます。顔や名前はわかりませんが。
あなたは二日目以降、一度だけ生きている者に狐火を放って呪殺できます。
呪殺にはあらかじめ準備が必要なので、もしも呪殺する夜に対象が死亡したなら、無駄に終わってしまうでしょう。
また、狼の襲撃や賞金稼の手により殺されることはありません。ただし占いの対象となると死亡します。
占い師、霊能者には人間として判別されますが、勝利判定では人間にも人狼にも数えられません。

 

魔女の毒殺に値する能力、各種ログを聞き取る能力を持つ妖精陣営の役職です。

 

システムメッセージ

  • 狐火実行時(エピローグ時公開)

(自身の名前)(狐火対象の名前)を殺害した。

 

通知メッセージ

  • 狐火実行時

X日目の夜、(狐火対象の名前)殺害した。

 

備考

  • 野狐の完全上位に位置する役職です。
  • 集まる情報量が野狐よりも圧倒的に多く、能力者・人狼の断定が比較的しやすい為、危険度は野狐よりも遥か上です。
  • 降霊者同様、見物人の発言は閲覧する事が出来ません。
  • 少女と違い、特別な行動をすることなく、1日目から対象ログを閲覧する事が出来ます。
  • 魔女の毒殺同様、その日の処刑対象に狐火を使った場合、対象は処刑された上に無残な姿で発見されます。
    • また、死因は「呪詛死」に上書きされ、フィルタ上は「犠牲者」扱いになります。
 

関連項目


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-11-18 (木) 18:29:23 (65d)